Live Report 2008 本文へジャンプ


  SET LIST

1.SUMMER CANDLES
2.ALL OF YOU
MC
3.Voice of my heart
4.ALWAYS
MC
5.Christmas Medley
〜スノーフレイクの街角
〜CHRISTMAS CALENDER
〜INNOCENT TIME
〜Mr.SANTA CLOUS〜Present〜
MC
6.CAT'S EYE
7.悲しみがとまらない
8.もう悲しくない
MC
9.IT'S CHRISTMAS

アンコール
10.オリビアを聴きながら

ANRI It's Christmas〜QUIET STORM 2008 HOLY NITE,!!〜


2008.12.19 (Fri) at クラウンプラザ神戸

MEMBER
ANRI (Vo) 
小倉泰治 (Key) 鈴木明男 (Sax) 小松秀行 (B) Kenny Mosley (Ds) 高山一也 (G)
Noriko Lewis (Cho) marron (Cho) Gary Adkins (Cho)


なんとか、2部には間に合いそうなので、思い立って来てみた神戸、
杏里さんの「It's Christmas〜QUIET STORM 2008 HOLY NITE,!!〜」

さすが神戸は、おしゃれないでたちのお客様が多いですね。
そして、ディナーなんですけど、ガッツリいただいてしまいました。
「牛フィレ肉のポワレ ソースシャンピニオン」めちゃくちゃおいしかったですよ。
ワインもおかわりしちゃいまして、すいません・・・。

さて、ライブはほぼ定刻どおり、21時20分過ぎにはスタート。

オープニングは小倉さんのシンセと明男さんのソプラノサックスのインストで。
そして、小倉さんのアコピのフレーズから、「SUMMER CANDLES」のイントロへ。
ワインレッドのサンタ・コートを着て、杏里さん登場。ちょっぴり、鼻にかかった感じの声にも聞えて・・・。
MCでも話していましたが、オープニングを「サマキャン」でスタートというのはめずらしいんだとか。

そして、2曲目は「ALL OF YOU」9月のZepp Tourと同じ、オリジナルの「あぁ、摩天楼の灯は〜」の
「赤いPasport」バージョン。
途中MCで話してらしたけど、杏里さん、EW&F(アース・ウインド・アンド・ファイヤー)も、好きと
おっしゃって、ベースの小松さんも影響を受けている、、とのことでしたが、
この「ALL OF YOU」は、EW&FのVoフィリップ・ベイリーが、「16th Summer Breeze」に参加して
いますよね。そして、「Voice of my heart」のデュエットは、ピーボ・ブライソンでしたよね。

デュエット・パートへのMCでは、「Voice of my heart」が1991年のアルバム「ニュートラル」に
収録されていて、当時、湾岸戦争が始まった時期で、アメリカで、曲作りに苦労しながら出来た
アルバムだったという話をしてらっしゃいましたね。
ANRIさんの今年のテーマでもあった、「BACK TO THE BASIC」は、このアルバムに収録された曲
でもありました。

「Voice of my heart」って、こんなにコーラス・パートがついてたっけ?って記憶がウロ覚え
なんですけど、Norikoさんとmarronちゃんのハイトーンのパートがまた素敵でした。

そして、デュエットをしている杏里さんの後姿を、ずっと見守っている
marronちゃんがとても印象的でした。今年は、杏里さんのステージで
コーラスのmarronちゃんが見られるなんて、嬉し過ぎ。ありがとうございます。
「Always」では、「Can you do that?」って、オーディエンスといっしょに
間奏で、歌うパートもありました。

デュエット・コーナーのあとのMCでは、杏里さん、コートを脱いで、上がブルーで、下がオレンジの
2段使いのドレスにチェンジ!(だったと思うんだけど、ちょっと手元のメモはあてにならない)
コートを脱ぐときに、「ミュージック」とメンバーさんに催促する杏里さんでしたが、出てきた曲が
「なんだか昭和〜な感じ」(杏里さん談)。
やっぱ、ここは、カトちゃんの「ちょっとだけよ〜」のセクスィー系か?!
ちゃんと、「TABOO」って曲のタイトル言ってる杏里さん、さすがです。

そして、クリスマス・メドレーのパートに突入。メドレーは「スノ・フレ」から、スタート。
今回のベースラインがチョッパーベースになっているモータウン風のアレンジ、
けっこう好きなんですね〜。コーラスの透明感のあるパートも素敵です。
「クリスマス・カレンダー」ちょっとばっかし歌詞が危うい杏里さんではありますが
それもご愛嬌です。

メドレーのあとのMCでは、杏里さんの決意のような発言もありました。
「31年間の音楽活動の中で、100%以上の目標や夢を達成できた」と言い切れる杏里さんを、
心から尊敬してしまいます。
そして、今後もいろんなタイプのライブをやっていきたいと話しておられましたね。
そう!今度大阪では、Billboard Live でLIVEをするというようなアナウンスもされていました。
楽しみですね。

そして、MCのあとは、杏里さんの「GET UP!」のかけ声とともにノリノリのダンスパートに!
食器を壊さない程度に、ちゃんとホテルの人にも許可をもらってます!
みたいなことで、みんな STAND UP!!

「Cat's Eye」は、「Timelly!」のバージョンで、小松さんのチョッパー・ベースのソロ付です。
このダンス・チューンのパートでは、小倉さんも、立ち上がってキーボードを操る場面も!!

そして、本編のラストは、「IT'S CHRISTMAS」
この曲では、コーラスのみなさんが杏里さんといっしょに並んで歌われる。
2番では、それぞれ、ソロを披露。marron ちゃん、思い切りコーラス・モードを断ち切り、
雰囲気いっぱいに、歌ってくれました。留学の成果がばっちり出てますよ・・・。
最後のワンフレーズは、杏里さんのジングル・ベル♪でした。

アンコールの導入部分では、明男さんが、ご自身のソロ・アルバム
「I'll miss you」に収録されている「Onongol」を小倉さんとともに披露。

そして、杏里さん、シルバーのロング・ドレスにお着替えなさって登場です。
そして、ドルフィン・リングのプレゼント・コーナー(メニューに印がしてあったそうです)の
あとは、アンコールの「オリビアを聴きながら」でした。

メンバー紹介のMCで、ほんのり、大阪には3月に来るみたいなことを話していたような
気がするんですけど、来年の杏里さんの活動も本当に楽しみです。
たくさん、LIVEがあるといいな、と思います。




           Copyright © 2002 Interplay all rights reserved.