Live Report 2008 本文へジャンプ


SET LIST

1.夏の月
 MC
2.DJ I LOVE YOU
3.GROOVE A GO GO
 MC
4.MOVE ME
5.ALWAYS
6.ドルフィン・リング
 MC
7.CAT'S EYE
8.CATCH THE WIND
9.悲しみがとまらない
10.もう悲しくない〜
  No More Loneliness
アンコール
11.オリビアを聴きながら



横浜開港149周年「開港記念式典」 杏里スペシャル・コンサート


2008.06.01(Sun) @ パシフィコ横浜国立大ホール

MEMBER
ANRI (Vo) 
小倉泰治 (Key) 鈴木明男 (Sax) 小松秀行 (B)
Kenny Mosley (Ds) 高山一也 (G)
Noriko Lewis (Cho) marron (Cho) Gary Adkins (Cho)


横浜開港149周年記念式典のスペシャル・ライブに杏里さんが登場!
このライブは、横浜市民の皆さんが、申し込みをして、
当選された方が参加できるというもの。持つべきものは、横浜在住の
友人。あ〜、ありがたや。

さて、ライブの開演は、15時30分頃だったかな。
オープニングの、小倉さんの流麗なアコピのソロが素敵すぎ・・・。
そして、小倉さんのソロのピアノは、アコギの高山さんとともに
「夏の月」のイントロへとつながっていくのです。

そして、ブルーのロングのワンピース(きっと、AULA AILA)の
杏里さん登場!

なんだか、久々のアコースティックな「夏の月」、聴き入って
しまいました。私、今回のアレンジは、とても好きですね。
ちょっとばかり、歌詞のアヤシイ杏里さんでありましたが、
「まだ私も知らない私 見つけだしてみたい」というフレーズに
思いっきり入りこんでしまう、私なのでした。

やはり、ツー・フレーズめの間奏部分で、拍手がやってきたのには
おーーっと思ってしまいました。

さて、この開港記念のライブと「横浜」への思い入れのMCのあとは、
なんと「DJ.I LOVE YOU」。そうだよね、「YOKOHAMA B埠頭」が
歌詞に入ってる、横浜ご当地ソングだもんね。
それにしても、この曲もずっと聴きたいな〜と思って、本当に
聴けた曲なんで、うれしかったなぁ。

「DJ.I LOVE YOU」のイントロは、小倉さんのピアノのソロから。
このピアノのイントロから杏里さんが歌い出す。ワン・フレーズめは、
アコースティックに。
ツー・フレーズめのゲイリーのラップのところから、フル・バンドで。
このアレンジも、けっこうしびれました・・・。

そして、続く「Groove A・Go・Go」では、女性コーラスも登場する
んだけど、今回は、Norikoさんとコーラスに、なんと、marronちゃんが!!!
2006年の矢沢永吉さんライブの感動がよみがえってきますね。
もう、感激ラッシュのワタクシメなのです。
そして、「Groove A・Go・Go」は、16th Summer Breeze Versionかな。

そうそう「ドルフィン・リング」では、バックにPVの映像が流れて
いましたね。オリジナルのアレンジもいいですよね。

そして、杏里さんのMCで、「ここに2曲のチョイスがあります。」と。
「Cat's Eye」と「悲しみがとまらない」。どちらをやりますか?みたいな。
この場合、チョイスはできないでしょ。オーディエンスの「両方!!」という答えに、
恒例のダンス・チューンのパートは、「Cat's Eye」でスタート!

「もう悲しくない〜No More Loneliness」も、初めてライブで聴く
ことができました。それにしても、ノリノリの4曲でした。

アンコールのMCでは、昨年のカバー・アルバム「tears of anri」の
続編が男性ボーカルの曲で、7月に発売になるとのアナウンス。
オリジナルは、「また作品が揃ったら」とのこと。

とにかく、今年は、杏里さんの30周年のアニバーサリー・イヤー
ですから、今年のライブのスケジュールがめちゃくちゃ楽しみです。



          Copyright © 2002 Interplay all rights reserved.